フロアコーティングのおすすめ業者を選択するポイント

床ピカどっとこむ

信頼出来る業者を探す秘訣

部屋

費用を比較しよう

フロアコーティングを業者に依頼する場合、どれくらいの費用がかかるか知っていますか?住まいの面積などによっても費用は異なってくるため、専門業者に見積もりを出してもらう必要があります。いざ施工を依頼しようとしても、費用が高すぎると手が出しにくいものです。おすすめされている業者を複数ピックアップし、見積もりの額を見比べてみましょう。

アフターサービスに注目しよう

施工後すぐにコーティングが剥がれてしまった場合、業者が提供する保証によって対応してもらえることがあります。明らかに業者のミスでトラブルが起こってしまうケースもあるので、サービスが充実している業者にフロアコーティングを依頼することが重要です。

口コミを確認しよう

評判が良い業者であることは最も大切だと言えます。多くの人が利用している業者なら、施工実績があるという信頼性も高く、安心して相談出来るのです。口コミはインターネットから確認することが可能なので、費用などの情報を集めたい時にも役立ちます。おすすめされている業者に注目し、そこから施工を依頼することも悪くありません。

フロアコーティングの疑問をスッキリ解消

我が家は床暖房ですが、施工は可能ですか?

コーティング剤の中には耐熱性があるものもいくつか挙げられるため、それらを利用した施工が可能です。業者によって取り扱っているコーティング剤が異なるので、まずは住まいの現地調査を依頼してみると良いでしょう。

施工時には家を空けなければいけませんか?

安全性を考慮すると家を空けていただく必要があります。使用するコーティング剤は安全性が高いものですが、念のため半日ほど家を空けていただき、塗装が乾いた状態がしっかりと確認出来てから戻ることがおすすめです。

ワックスの上から施工出来る?

ご自分でワックスを塗っている場合、一度それを剥がしてからの施工になります。ワックスが塗装された状態だとコーティング剤が剥がれやすくなるため、その旨を業者に伝えましょう。古いコーティングも剥がす必要があります。

住まいを建設中。いつ施工を依頼すれば良い?

フローリングの材質などが既に決まっているなら、その情報を業者に伝えておくと良いでしょう。建設会社との相談も必要なので、施工依頼は早めに行なっておいた方が安心です。住まいが完成するまでに施工を終えることも出来ます。

施工後も床のお手入れは必要なんですか?

フロアコーティングを行なった場合、フローリングのお手入れは比較的楽になります。飲みこぼし程度ならさっと拭き取るだけで問題ありません。ただし経年劣化によりコーティングの効果が薄れると、再施工の必要があります。